化学物質管理

GHS関連情報

View this page in English

お知らせお知らせ 過去の一覧

2016/11/16
GHS分類結果リストを公表しました。政府によるGHS分類結果(Excel、HTML)

概要

GHS(The Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals:化学品の分類および表示に関する世界調和システム)とは、化学物質の危険有害性の分類及びラベル、安全データシート(SDS)による情報伝達に関する国際的に調和されたシステムです。国際連合(国連)GHS小委員会において検討され、2002年に国連GHS文書として策定し、2003年に発行されました。

我が国においては、2001年にGHS関係省庁連絡会議が発足し、国連GHS文書の翻訳、分類マニュアル及びガイダンスの作成、関係各省によるGHS分類事業等を進めてきました。また、GHSに基づいたラベル及びSDSを実施するために、労働安全衛生法や化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)を改正し、さらに日本工業規格(JIS)を整備しました。

NITE化学物質管理センターは、本サイトを通して、関係各省が実施したGHS分類結果を公表しています。また、分類結果の英語版を作成し、英語版サイトにて公表しています。さらに、当センター独自の取り組みにより収集・整理した関連情報等を併せて提供することにより、GHSの実施を支援しています。

お問い合わせ

独立行政法人製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター 情報業務課
TEL:03-3481-1999 FAX:03-3481-2900
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-10 地図
お問い合わせフォームへ